f4f7569daa455629894844f636a12cb6_s

就職や転職の際に必ず必要になるものが履歴書です。

しかし履歴書は書く内容や書き方など、悩んでしまうところがたくさんありますよね。

特に自己PRについては悩んでしまうものです。

長所を書くべきなのか、短所を書くべきなのか、私も迷った経験があるので、あなたの気持ちがとてもよく分かります。

自己PRに短所を書くと良いかどうかというと、良くも悪くもありません。全てはその書き方次第です。

書き方によっては短所もプラスになる理由としては、自分の良いところだけではなく、悪いところもしっかり把握しているというアピールになるためです。

自分の良いところしか分からない人は、他人の良いところと悪いところを上手に見つけられないものです。

また、短所を把握していることで、その短所をカバーできるだけの長所のアピールができたり、短所をなおすための具体的な努力方法を伝えることで、やる気をアピールできますよ。

ただし、短所というものは普通はマイナスにとらえるものですよね。

ですから、上手な書き方ができないと、短所が短所のまま伝わってしまいます。

「私の短所は○○です。その短所を○○という長所で補うよう前向きに努力しています。」などという言い回しはとても良いです。

しかし、その長所がうまく短所をカバーできないだろうと面接官に思わせてしまうような長所を書いてしまっては、意味がありません。

「結局短所が短所のままで終わっているのではないか。」と面接官に思われてしまってはいけないのです。

大切なことは、短所をアピールすることではなく、その短所があるから努力していること、その短所があるからこそ際立つ長所があるということなど、短所があるからこそ発生している良い面をアピールすることが大切なのです。

私も、自分の感情が高ぶってしまうところが短所だと感じていて、それを自己PRにうまく盛り込みました。

感情が高ぶってしまうことは、それだけ仕事に情熱を注いでいることなのだとアピールしましたよ。

それに加えて、もっと人の意見を冷静に聞くように努力しているのだということも伝えました。

このPR方法がうまくいったからかは分かりませんが、見事に採用されることができましたよ。

実際、その瞬間の面接官も、良い印象を持ってもらえたような表情をしていたのを覚えています。

是非、あなたの短所をアピールポイントにできるような上手な言い回しを考えてみてくださいね。

短所も長所に変える前向きな姿勢で就職や転職を頑張ってください。

グッドポイント診断で履歴書の自己PRを簡単作成!

リクルートグループのリクナビNEXTのグッドポイント診断を使えば、上記のような約300問の質問に回答していくだけで、下記18の強みの中から5つ、自己PRでアピールすべきあなたの強みを教えてくれます。

後は、その強みを発揮したエピソードを考えるだけで、履歴書の自己PRは完成です!

(リクナビNEXTに登録後、診断可)