ed27beab7a9c23010a60545025dc10b9_s

履歴書で必ずと言っていいほど見る項目の一つに自己PRがありますよね。

自己PRは文字通りあなたを面接官にPRするというものです。

一見簡単そうにも聞こえますが自己PRを実際に書いてみるとなんか違う、と思うこともあるかもしれません。

なかなか難しい項目です。私も履歴書を書く際に一番苦手だったのがこの自己PRです。

うまく書こうとしてもまとまらず枠からはみ出たり、逆に文字がたりなかったりしました。

そこで今回は私が克服した経験も元にして、履歴書の自己PRの書き方をアドバイスします。

まず思いついたことを履歴書に書くのではなく、他のメモ用紙やノートに自己PRの材料となるものを書いて整理できたら書くようにしましょう。

自己PRは簡単に言うとあなたの強みのことです。

例えば私の場合は強みはチームワークを大切にする心でした。

学生の頃からチームで何か成し遂げることにやりがいを持っていて部活動も吹奏楽部という集団の部活でした。

私はチームワークを大切にしてきた出来事をノートにひたすら書いて、その時々に思ったこと、チームの雰囲気をよくするために努力したことなどを思いつく限り書いていきました。

その中でいくつもの共通となる言葉を発見したり、つながるような文章を発見したのです。

最初はやはり頭だけで考えて履歴書に書くようにしていましたが、それではうまくまとまらず実際にその履歴書で面接にいくと面接官が困惑していました。

なので頭で考えたことを一度ノートなどに書きまくってそこから整理して履歴書に落とし込むという作業がとても大切で、なおかつ納得のいく自己PRになる秘訣でもあります。

また、あなたの強みが分からなければ友人や知人にあなたの印象を聞いてみるのもいいでしょう。

あなたの知らない部分が他人には見えていることが多くあります。

私も自分ではわからなかった部分を友人に指摘されて恥ずかしながらも妙に納得した答えを何度かもらったことがあります。

自己PRは何も自分だけで考えなければならないということではありません。

他人から見たあなたも参考にしてそれもノートに記録して自分の考えたPRと照らし合わせてさらに強みがわかるPRの文章にしていくのもいいでしょう。

いかがでしたでしょうか。履歴書の自己PRは確かに難しいです。

しかしまとまっていない頭で挑戦するよりも一旦ノートなどでまとめてから履歴書に書きましょう。

きっと納得のいく履歴書が出来上がるはずです。

グッドポイント診断で履歴書の自己PRを簡単作成!

リクルートグループのリクナビNEXTのグッドポイント診断を使えば、上記のような約300問の質問に回答していくだけで、下記18の強みの中から5つ、自己PRでアピールすべきあなたの強みを教えてくれます。

後は、その強みを発揮したエピソードを考えるだけで、履歴書の自己PRは完成です!

(リクナビNEXTに登録後、診断可)