4c524471b24117357cef8a0cbd162478_s

履歴書を書く時に必ず記入する項目として、自己PR欄がありますよね。私もあなたと同じように、毎回書くたびに何を書けば良いか迷ってしまうので、悩みも良く分かります。

自己PR欄は重要な項目なので、不安になってしまいます。そこで履歴書の自己PRを無難な内容で問題ないのか、私の経験を踏まえてアドバイスしたいと思います。

履歴書く自己PRはできるだけ面接官の印象に残るようにした方が、採用されやすいかもしれません。

あなたが面接官だとすれば、他の大勢の人と同じ内容の自己PRでは、その人の個性を見ることができませんよね。

ユニークなことやちょっと変わった視点で書くことで、面接官の印象に残りやすくなります。

私は面接の時に、自己PRはできるだけユニークで個性が出るように気をつけて書きました。自己PR欄は私が会社に対して、アピールできる絶好の機会です。

そこで無難な内容を書いてしまうと、他の人と同じように見られてしまうからです。

私は面接官の気持ちを考えると、個性が見られる履歴書の方が、採用不採用の判断をしやすいと思います。自己PRで自分をアピールできなければ、何の為に面接をしているのか分かりませんよね。

ただ無難に履歴書を書いて、面接で答えるだけでは採用されるのは難しいです。できるだけ自己PRは無難な内容ではなく、個性のある内容を書くことをおすすめします。

あなたはどんな内容を書けば分からないと思っているかもしれませんが、あなた自身を知ってもらいたいと思えば、自分が自信があることをアピールすればいいのです。

どんな些細なことでも、あなた自身の言葉で書かれていれば、きっと面接官もあなたの個性を見てくれるはずです。

個性はその人だけの独特な物なので、他の人と違っていて当然です。こんなこと書いていいのか迷ったとしても、それをあなたが書くことで個性を出すことができます。

無難な内容であなたの個性が見られないよりも、よっぽど自己PR欄のアピールとして個性を見せた方が、他の人との差別化ができますよね。

履歴書を上手く書こうとして無難な内容にするよりも、あなたの個性が見られる内容を書きましょう。

以上、履歴書の自己PRは無難な内容にしない方が良いとアドバイスをしましたが、いかがでしたか?

面接ではたくさんの人が受けにきます。人数が多くなるにつれて、履歴書の内容も他の人と被ってしまうことが予想されますよね。

自己PRではあなたの個性をしっかりと見てもらい、他の人との差別化を図って、合格するように頑張ってください。

グッドポイント診断で履歴書の自己PRを簡単作成!

リクルートグループのリクナビNEXTのグッドポイント診断を使えば、上記のような約300問の質問に回答していくだけで、下記18の強みの中から5つ、自己PRでアピールすべきあなたの強みを教えてくれます。

後は、その強みを発揮したエピソードを考えるだけで、履歴書の自己PRは完成です!

(リクナビNEXTに登録後、診断可)