【履歴書】工夫の自己PRの例文

新卒就活

私の強みは、物事を噛み砕いて相手に伝えられることです。相手にはどの言葉を使えば理解してもらえるかを工夫しています。学生時代、アルバイトで塾講師をしていました。大学生なら理解できる言葉を、中学生でもわかるように言い換えて授業を行いました。例えば、「主語」という言葉がわからない中学生には、「○○は」や「○○が」と言い換えて、英語の文法を指導しました。この強みを活かして、営業の際にクライアント樣へ貴社の商品の良さを、どのような状況でどのようにいいのかと噛み砕いて説明し、貴社に貢献していきたいです。(248文字)
私が人間関係で工夫していることは、人に過度に期待しないことです。私は学生時代に他人に頼る癖があり、その度に裏切られたと感じたり、がっかりしてモチベーションが下がったりしていました。その経験を通して、他人に期待するのではなく、自分の自信をつけるために行動することの大切さを学びました。考え方を変えたことで他人のせいにすることもなく能動的に行動するようになりました。この経験を活かし、貴社では責任感を持ち自分に厳しく何事にも取り組んでいきます。そして早く活躍できるように、自分を成長させていきます。(247文字)

グッドポイント診断で履歴書の自己PRを簡単作成!

リクルートグループのリクナビNEXTのグッドポイント診断を使えば、上記のような約300問の質問に回答していくだけで、下記18の強みの中から5つ、自己PRでアピールすべきあなたの強みを教えてくれます。

後は、その強みを発揮したエピソードを考えるだけで、履歴書の自己PRは完成です!

>>グッドポイント診断を無料で受けてみる
(リクナビNEXTに無料登録後、診断可)

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする