新卒就活

私は、学生時代箱根駅伝を目指してチームで練習に励みました。その中で身に付いたものは、自分のためではなく、チームのために頑張ることでした。大学に入るまでは、自分のために勉強し成績をあげることしかしてこなかったため、チームのために頑張ることは、最初は違和感がありました。しかし、慣れてくるとチームのために頑張ることが当たり前と思うようになってきました。私は、貴社のために自分が全力を尽くすことにより、貢献していきたいです。常に貴社の利益を考え、プラスになることであれば、実行にうつしていきたいです。(247文字)
私が最も力を入れたことは、大学生時代に所属していたサッカー部です。その経験から辛抱強く継続することの重要性を学びました。サッカー部に入部してから2年間は、ベンチに入れない日々が続きました。そのため同じ部員に他己分析を頼んだり、自分の能力を考え直す自己分析を行うことにより足りない部分を認識し、自分に合う練習を継続して行いました。そのことにより最終的にチームのレギュラーになり、チームに貢献することが出来ました。そのことから辛抱強く継続して物事に取り組むことの重要性を学びました。(239文字)